2011年01月18日

昔キムタクが

チョングッチャンは流行るって言ってたのに一向に流行る気配がありません。
一体どうしてくれるんでしょうか。まさかこのまま流行らないとでもいうのか。
半身浴で疲労回復&ダイエット
リンクを追加だぜ。
以下は韓国料理について説明をします。
韓国料理(かんこくりょうり)、または朝鮮料理(ちょうせんりょうり)は朝鮮民族の民族料理である(韓国料理、韓食(ハンシク)といった場合は狭義的に韓国の料理を指すこともあるが明確な区別はない)。

米食を中心にしてきたように考えられることが多いが、朝鮮半島で伝統的に稲作が行われていた地域は南西部の一部にかぎられており[1]、食文化的には小麦や蕎麦、高粱、又トウガラシ同様近世になって新大陸から導入されたトウモロコシといった畑作で得られる穀物を主食素材としてきた地域も多い。ユーラシア大陸東部全域を見渡すと、南方の稲作文化圏と北方の雑穀畑作・牧畜文化圏の境界部・接点に位置すると言える。又、栽培された野菜及び、ワラビ、ゼンマイ、キキョウ(トラジ)といった山菜の消費量が世界的に見ても高く、それらを用いたメニューが多い。又海に囲まれた地理ゆえ、海藻類や魚介類の消費量も多く、魚介類の生食も行なわれるようになった。韓国では以前は一般家庭では肉よりも魚や野菜を主とした食卓が普通であった。

周辺の日本や中国の料理と比べ、スープ類(湯:タン、クㇰ)が多く、唐辛子を用いた料理が多い。元々中南米原産の唐辛子だが日本を経由して朝鮮半島に入り、現在の韓国・朝鮮料理に彩りと辛みを添える上で欠かせない食材の一つとなっている。

陰陽五行の思想にのっとり、五味(甘、辛、酸、苦、塩)五色(赤、緑、黄、白、黒)五法(焼く、煮る、蒸す、炒める、生)をバランスよく献立に取り入れることを良しとする。

食事には、金属製の匙(スッカラッ)と箸(チョッカラッ)を用いる。食器は白いプラスティック製やステンレス製が一般的である。毒物による暗殺を恐れた王族や両班が、化学変化しやすい黄銅や銀の食器を使用することもあった。

匙と箸は、日本同様もともと横向きにおいていた。しかし現在では、食卓の右側に縦向きに並べる。匙と箸をあわせてスジョ(ko:수저、匙箸)といい、匙と箸を置く日本の箸置きのようなものはスジョパッチム(수저받침)という。箸を器の上に置くのは、日本同様マナー違反である。匙は食事中器の中に入れておいたり、器の端にかけておくこともある。

posted by andy at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | チョングッチャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。