2007年07月13日

チョングッチャンのレシピ

さて韓国料理チョングッチャンの長い説明も終わったところで、ようやくレシピ公開ですよ。料理するためにそもそも色々と調べてきたんだからね。

で、わかったことは、あの伝説的に臭いといわれるチョングクチャンを使用して作る本格チョングッチャンレシピと、わざわざそんなもんを使用しないで納豆で代用するサムライ魂のこもった和製チョングクシャンがあったってことですよ。

本格チョングッチャンは、何と言うか本格もクソもないというか、前回の記事参照ぐらいしか言うことはないんですけどね。
要は、普通にチゲ鍋作る感じでやっといて、あの伝説のチョングクチャンで味付けしろぐらいのことしかどこ行っても書いてないんですよ!
てことはそういうことでしょう?

んで今回の目玉、和製チョングチャン。

これは『知っとこ』って番組のホームページに乗ってたんですけど、これは意外や意外。普通にすぐ揃えられそうなものばかりで構成されております。でも味がどうなのかは知らない。

【材料】

・ 米のとぎ汁…………………4カップ
・ 豚肉細切れ…………………150g
・ キムチ………………………適宜
・ 赤・青とうがらし…………各1本
・ 白ネギ………………………適宜
・ おろしにんにく……………小さじ1
・ 納豆…………………………お椀1杯
・ 豆腐…………………………半丁
・ 煮干し………………………適宜
・ 昆布…………………………適宜
・ ごま油………………………大さじ1

【作り方】

1.土鍋に米のとぎ汁を入れ、煮干し、昆布でダシをとる。
2.豚肉の細切れ、キムチを入れ煮込む。
3.刻んだ白ネギ、赤・青とうがらしを土鍋に入れる。
4.納豆、おろしにんにくを入れ煮込む。
5.豆腐を一口大の大きさに切り、土鍋に入れる。
6.ごま油を加え、風味をつける。
7.フタをして、じっくり煮込めば出来上がり。


驚くほど簡単でございますな。
というか米のとぎ汁だけ使って米は使わないのかよ!って突っ込んでしまいそうになりましたが、ご飯は別に炊いて食べればいいか。

ここで特筆すべきは、やはり鬼門・ゴマ油でしょうか。

これを使ったがためにキムタクはビストロスマップで韓国人俳優に『これはチョングッチャンじゃない』って言われてましたからね。
てことはこれはチョングッチャンのレシピじゃないじゃないか!

まーキムタクが使うくらいですからね。ちょっと違ってもおいしくなるんだろうし、もしかしたら日本人向けの味付けになるのかもしれません。

皆様もよろしければ作ってみて下さい。
posted by andy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(1) | チョングッチャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
入門編としては納豆入りキムチ鍋みたいな感じですかね。
作ってみたくなりました(^^)
Posted by daoppie at 2007年07月13日 21:10
コメントありがとうございます。

>入門編としては納豆入りキムチ鍋みたいな感じですかね。

まさにそういうことなんだと思います(笑)
自分も今週末にさっそく作ってみますよ〜。
Posted by andy at 2007年07月14日 02:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47654666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ビストロSMAPに王子
Excerpt: 珍しいこともあるものです。王子が白じゃない。黒です、黒。半そでのTシャツに袖がない燕尾服(みたいなの)。下はジーンズ。カジュアルだけど軽すぎない。さすがは王子。着こなせるのはあなただけです。今回、王子..
Weblog: どっぷりレビュー
Tracked: 2007-07-13 21:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。